そもそもパートとは?

パートで働こうかな・・・と考えている主婦の方、そもそもパートって何?という素朴な疑問を持ったことってありませんか?

 

求人を探していると、アルバイトもパートも同じような条件で掲載しているところもありますし、あまり違いがわからない・・・と思っても、致し方ないでしょう。パートとは何か?どういう条件で働くことなのか?というところから、もう一度ちゃんと理解しておきたいですね。

 

パートとは

厚生労働省のホームページに定義が掲載されていますが、パートというのは「パートタイム労働者」のことです。「パートタイム労働法」という法律がちゃんとありますから、その対象となるパートタイム労働者についてはちゃんと知っておかなければいけません。

 

「短時間労働者」とも言いますが、簡単に言ってしまえば、1週間の所定労働時間が同じ事業所に務めている通常の労働者よりも短い人のことを指します。

 

実はパートタイム労働法はこの条件に当てはまる人全員を対象にしているので、パートタイマーと呼ばれようが、アルバイトと呼ばれようが、契約社員や臨時社員と呼ばれようが、実は法的には同じ種別の労働者ということになります。

 

世間のイメージは・・・

あくまでも世間の人が持つイメージですが、アルバイトという言葉は学生やフリーターなどが「一時的に」働く場合に使われて、パートという言葉は基本的に長期間仕事を続ける前提で使われているようです。

 

そういう意味ではアルバイトは短期間でも、パートとなるとほとんど就職するのと変わらないようなイメージかもしれませんね。

 

どちらも正社員ではありませんし法的には同じ扱いですが、週に拘束される時間も、月間・年間の労働時間もパートのほうが長く設定されているようなケースが多いようです。

 

実態は変わらない?

法の定義はさて置き、実際には正社員とまったく変わらない仕事内容で、毎日長時間労働しているパートの方もいます。そうなると正社員に比べて労働条件があまりに不利になってしまうので、待遇については度々社会問題になっているのです。