子育て主婦のパートの選び方

子育て中の主婦が仕事を探す場合、働きやすいパートというのはどうやって選べば良いのでしょうか。子どもの教育費を考えると、先々絶対にお金が必要になって財政難になる・・・などと不安を抱えてしまう前に、まずは自分でも出来ることから始めるべきですよね。

 

子どもが学校に行っている間に

子育て主婦が働き出そうと思うのは、おそらく子どもが小学校に上がったくらいからでしょう。

 

子どもが学校に行っている間は時間が作れるようになりますから、その間だけ働ける仕事を探すのが都合が良いですね。

 

なかなか融通が利く条件の良い仕事は見つからないかもしれませんが、だからと言って無理をして拘束時間が長い仕事を選んでしまうと生活が破綻してしまう危険性があります。大げさなことではなく、何を優先すべきかは忘れてはいけませんね。

 

時給ばかりを追いかけない

仕事を探すとなれば、ついつい時給ばかりに目を奪われがちです。

 

確かに抱える従業員数を減らしたい中小企業などでは、週5日確実に出勤してくれて、労働時間の短い準社員は大きな戦力ですから時給もそれなりにきちんと出るでしょう。

 

でもこうした仕事は、子どもが小さく病気やケガなどのトラブルがありがちな子育て主婦には不向きです。いつ学校から呼び出しがあるかわかりませんし、健康状態が悪くなれば家で付きっきりの看病をしなければいけない場合もあるわけですから、融通が利きやすい職場を選ぶ必要があるのです。

 

実は、比較的賃金の安い事務系の仕事の中には、アットホームで融通が利きやすい職場も少なくありません。電話番や書類の整理などとても簡単な雑用で収入も多くはなかったとしても、まずはそこから始めるという手もあるでしょう。

 

家からの距離で探す

子どもが小さいうちに自分が自由に動ける時間帯は、9:00から15:00くらいが限界です。この時間を有効に活かすことを考えれば、職場まで時間をかけて通勤するというのはあまり考えられませんね。

 

自転車や徒歩ですぐに行ける場所にあること、出来れば学校にもすぐに行ける場所であることが理想です。身近なスーパーや工場が選ばれやすいのにはちゃんと理由があるのです。