パートの仕事が決まらない!?

パートに出ようと思っても、肝心の就職先が見つからないという人がいます。

 

インターネットを検索しても、パートの仕事が決まらないという主婦の訴えが非常に多く目に付くのはどうしてなのでしょうか。

 

条件が狭く、気持ちがあいまい

仕事に就こうにも、求人がなければどうしようもありません。

 

例えば、探す時に家から歩いて行けるところしか探していない人と、自転車やバスなどを使っても行ける範囲を最大限に広げて探している人とでは、当然見つかる件数が変わります。

 

こればかりは住んでいる地域にもよりますし、周りにそもそも商業施設が無いような住宅地の場合、主婦がパートで通える範囲には何も見つからないという場合も確かにあるでしょう。

 

ただ正直なところ、「それは本気で探しているとは言えないのでは・・・」と言わざるを得ないケースもあることは否めません。「なんとなく」「近場で」「いい条件がもしあれば」というくらいの気持ちでは、今の日本では働く先は見つかりません。

 

お金を稼ぐという優先度が高いのであれば、あまり条件を絞りすぎないで、実現可能な範囲を拡げて本気で見つける気持ちが必要です。それがなければ、当然いつまでたっても仕事は見つからないでしょう。

 

仕事に対するイメージがない

自分にはどんな仕事が出来るのか、リアルにイメージがないと、例え求人があっても選び用がないでしょう。肉体労働は無理なのか、それとも身体を動かすほうが得意なのか。

 

パソコンが使いこなせるのか、それともあまり得意ではないのか。
接客業に向いているのか、それとも単独で作業するほうが向いているのか。

 

パートとかアルバイトとかの種別はただの労働条件であって、実際に自分が行う仕事の内容とは関係ありません。「パート」という仕事内容がこの世に存在するわけではないのですから、「何の仕事をするのか」という点をまず自分でイメージ出来るようになって下さい。

 

もし得意なことがあるのであれば、それが一番の強みになります。