扶養の範囲内をオーバーすると?

「扶養が外れる」「扶養の範囲内で」などと良く口にされますが、では妻が夫の扶養の範囲内をオーバーすると具体的にはどうなるのでしょうか?

 

よくよく考えて、妻も働き方をしっかり考えることは大切なことです。

 

確かに、何も考えずにちょっとパートを増やしたら、かえって税額が増えたとなれば、それは望む結果ではありませんよね。

 

配偶者控除が外れた場合

妻がパートで働いて得た収入が年収103万円を超えた場合、夫の配偶者控除が消えて、所得税の支払いが発生します。ただし、妻の年収が141万円までは配偶者特別控除というものがあるので、一気に控除ゼロ円となるわけではありません。

 

ただ、逆に言えば、妻の収入が103万円以下ならそれはそのまま家計として年収アップということになります。例えば、夫の年収が400万円で妻のパート収入が100万円なら、家計としては単純に年収500万円となり、生活に余裕が生まれますよね。

 

配偶者控除は活きたままですから、何も損はありません。

 

社会保険の被扶養者を外れた場合

妻がパートで働いて得た収入が年収130万円を超えた場合、まず夫の配偶者控除が消えます。
また、妻も自分で所得税と住民税を払う必要があります。

 

それだけではなく、社会保険も妻が自分で負担しなければいけません。
これがかなり大きな負担増になります。

 

もし妻がパート先の健康保険や厚生年金保険に加入となるのであれば、半分は事業主の負担になるのでまだ楽でしょう。勤め先で入れないとなると、自分ですべて加入することになり、非常に多大な重荷になります。

 

正直なところ、妻がパートで年収130万円を超えるのであれば、一気に160万円を超えるレベルの収入にならない限り、税と保険料の負担があまりにもかさみ過ぎて、働く意義も無くなってしまいかねません。

 

数字上の世帯年収が上がっても、実際にはすべて国に持って行かれて手元にはまったく何も残らなくなります。労働時間は確実に増加するのに、これでは本末転倒ですね。