130万円?知っておきたい年収ボーダーライン

主婦が働く場合に一番の関心事は扶養の範囲でしょう。

 

ただし、どのボーダーラインを自分の目標とするかは考え方によって異なりますので、その認識をきちんと持っているかどうかは重要なポイントです。

 

単純にパート仲間から「◯◯円を超えると損をする」とウワサで聞いたくらいで鵜呑みにすると、何がどう損なのかわからないまま働くことになってしまいます。

 

働く以上は知っておきたい、年収のボーダーラインについてまとめておきましょう。

 

「配偶者控除」について

税金を納める上で「扶養」という枠がありますが、まず最初に知っておくべきなのは「配偶者控除」です。これは、例えば妻が無収入の場合、夫が払う税金に配偶者控除が受けられるというものですが、適用されるのは妻の収入が年間103万円以下の場合となっています。

 

つまりパートで働いても、収入が年間103万円以下であれば、夫の税額は増えないということになります。妻が自営の場合にはまた違うのですが、ここではひとまず置いておきましょう。

 

また、実際にはその次に141万円までの配偶者特別控除という措置もあるので、いきなり控除ゼロ円になるというわけでもありません。

 

ただ、妻も妻で自分で所得税と住民税を払わなければいけなくなります。

 

社会保険の被扶養者について

よく130万円がボーダーラインだと言われているようですが、これは年金や健康保険などの社会保険について、妻が夫の被扶養者扱いになるかどうかのラインです。

 

もしパートの収入が130万円を少しでも超えたら、妻は夫の扶養から外れて、自分で健康保険に加入したり、国民年金の保険料を納めなくてはいけなくなります。

 

⇒扶養の範囲内をオーバーするとこうなる

 

この自己負担額があまりに高いので、130万円を超えることが損だと良く言われるわけですね。収入の10%以上の負担になりますので、ここを超えたくない人が多いわけです。

 

それでもほとんどフルタイムに近い状態でパートをするのであれば、仕事先の会社で企業の健康保険や厚生年金保険に強制加入となるケースもあるでしょう。