40代以上でなかなか仕事が見つからない時は?

専業主婦がパートで働くと一言で言っても、20代なのか40代なのかでは、ハッキリ言ってハードルが違います。

 

当然20代のほうが採用されやすいですね。40代でも見た目が若い人はいますが、中盤も過ぎるとなかなか採用が決まらないというのも実情でしょう。

 

40歳が壁になる理由

パートの中でも飲食店などのフロアスタッフの場合、客層が若かったりすると店員にも同じくらいの年代を求める傾向があります。

 

求人を探してみても、「40歳以下」という条件付きになっているものが多いですね。
そうした求人では、実際に40歳の人が採用されるケースは稀です。

 

20代30代でなければ難しいと考えたほうが賢明ですね。

 

体力が必要とされる場合、かなり自信のある人や何か運動で鍛えていたという人でないと、やはり採用は難しくなります。若い人でも1日立ちっぱなしなだけでもかなり身体は辛くなりますから、体力的に信頼度が低くなる40代が避けられてしまうのは致し方ないことかもしれません。

 

同年代が活躍している仕事を

40代以上の人がパートを探すのであれば、その年代の人が実際に多く働いている職場を狙って行くのが一つのポイントです。パッと思い浮かぶのは、スーパーのレジ、仕出し弁当屋、製造工場、大型施設の清掃、介護関連などでしょうか。

 

その年代で働く人を多く見かけるということは、確実に採用実績があるということですから、仕事も見つけやすいということになります。

 

ハローワークも併用する

ハローワークは正社員になりたい人だけが就職先を探すところではありません。

 

パートやアルバイトの仕事もたくさんありますし、実際に足を運べば常に担当者がいますから、自分の働ける都合を相談して斡旋してもらうことも出来ます。

 

事務系の仕事もありますし、比較的若い人向けに特集されがちな民間のインターネットサイトには無い求人が見つかる場合もあるでしょう。直接足を運ぶのが面倒な場合には、ハローワークのインターネットサイトを定期的にチェックしておくのも良い方法です。